秋彩2020Ⅰ

千代川町北ノ庄 千歳町毘沙門 千歳町千歳 旭町谷川ここ数年は12月上旬くらいまでは 里山の紅葉が見られましたが 今年は早く終わりそうです 11月に入って撮りためた秋彩を 数回にわたって掲載します

沢の秋

東本梅町赤熊 音羽川 音羽川の周辺は ほぼ杉や檜の人工林で 落葉樹といえば少しの山桜 クヌギやアベマキが多く 紅葉も地味なものである 秋から冬にかけては水量も少なく 少し寂しい感じになるが このような景色も 味わいがあって好ましい

朝霧Ⅱ

薭田野町 鹿谷 曽我部町竜ヶ尾山の霧のテラスや 薭田野町鹿谷の里山中腹にある 千手寺からは雲海も見られるが 私は霧中に佇む風景の方が好きである コメント欄とスターを非表示にします

野山や有名寺社仏閣の紅葉に目がいくが 歴史ある地方の街並みにも 旧家の蔵や社寺の土塀に 蔦が這っていることが多い 野山の木に登る蔦もきれいであるが 人間の営みの中に色を添える蔦も モミジなどに負けない美しさがある 蔦の葉や蔵壁土塀の秋の花 【洒心】

モミジ

千歳町 和らぎの道 本梅町西加舎 薭田野町佐伯 苗秀寺 下から見上げても 近くまで寄っても 今年のモミジは きれいです

切りとる

東別院町東掛 東別院町鎌倉 西別院町萬願寺 東北や北海道など 全山きれいな紅葉に覆われるが 京関西ではなかなかそのような景色に お目にかかれない まして当地のような山間地では なおさらである 里山の箱庭のような景色の 目を引く部分をどう切りとるか あ…

熱気球と秋彩 写真入れ替え

拙庭上空 東別院町東掛 林道渋谷線 昨日の朝 女房が気球が飛んでいると 声をあげていました 外に出て見上げると 熱気球が時々バーナーの音を出しながら ゆっくりと南の方角へ飛んでいた パラグライダーやヘリコプターは時々見るが 熱気球が亀岡の空を飛ぶの…

芒が原

保津町 一枚目の写真の沈下橋を渡ると 左側の河川敷には芒が原が広がる この地区は遊水地になっている 春には野草も見られるが この時期は ススキとセイタカアワダチソウが繁茂して 野鳥もススキの中に紛れて 姿はなかなか見られない 陽が西に傾くとススキの…

愛おしきもの

エノキ シラキ アカメガシワ ツルウメモドキの果実 ノブドウの果実 旭町 林道芦谷線虫に食われた葉も 醜いようで美しい 木々の実も 色がそれぞれ違うけれど それもまた美しく可愛い 美にも醜にも それぞれの神が宿る 立冬や虫食い葉にも薄日かな 【洒心】

雨日

本梅町西加舎 本梅町中野 南郷町 イオン駐車場6Fより亀山城址を望む 宮前町神前 宮前町神前 森のステーション亀岡 雨日の亀岡盆地は 色々な表情を見せてくれるので 飽きることがない アップした風景は里山にかかる雲をバックに 派手ではない里山の秋を撮っ…

チョウゲンボウ

薭田野町柿花ひこばえが伸びた田んぼのあぜ道 柿ノ木にカラスが止まっていると 思いながら近づくとカラスではない どうやら小型の猛禽類の類のよう 木から飛び出して滑空し ひこばえの中に突入 そしてまた柿の木の天辺へ 左足に獲物をつかんでいるが 正体は…

素敵な顔

センブリ 東本梅町 林道赤熊線 リンドウ シュウメイギク 拙庭 チカラシバ アキノエノコログサ 千歳町国分秋もたけなわ センブリは久しぶり 以前あちこちで見られたが・・・ 拙庭も賑やかになる 朝霧に露を付けた チカラシバとアキノエノコログサ どちらも水…

透秋

サクラ マルバアオダモ リョウブ ミツバアケビ ヤマウルシ イロハカエデ 秋の陽射しで 木の葉を透かしてみた 形も色も違うけれど みんないい顔をしている もうすぐ散ってしまうけれど また来春元気に芽を出すまで 首を長くして待っています

本梅町西加舎 西別院町笑路 本梅町猪倉 曽我部町鹿谷 千手寺 柿は平安の頃から 干し柿として珍重されていたと テレビ番組で伝えていた 甘い柿は人間が創り出したものらしい その柿も近年野鳥のご馳走となって久しい 柿ノ木を集めた写真展を今年開催したが な…

コスモス最終

曽我部町穴太 曽我部町中 旭町 千代川町小林コスモスも 今季は長い間見ることができました 当市のコスモス園も盛りが過ぎたとはいえ まだ多くの入場者があるようです 何万本の園にあっても 休耕田や草叢にあっても まだ刈り取られない 稲や犬蓼などの草花と…

撮影中に出会った野鳥

コゲラ シジュウカラ エナガ ノビタキ メジロ モズ 風景探して散策をしていると 野鳥に出会い写真を撮ることも たびたびありますが 小さな野鳥はちょこまかと動くので 撮りにくい モズは枝先に止まり じっとしているから 割と撮りやすい

光跡

東別院町赤熊 音羽川流れる水に木漏れ日が当たり きらきらと光る水面の表情 人間の目では見えない不思議な光跡 まるでポロックの作品みたい きっとポロックの目は この光跡が見えていたのだろう

朝霧

河原林町勝林島 曽我部町重利 曽我部町西条 昨日今季2度目の朝霧が出ましたが それほど濃い霧ではなく 10時前には晴れました 近年霧の発生が少なく 昔のような一寸先も見えないほどの濃い霧は 見られなくなりました 霧の街での村おこしのイベントも なんかむ…

顔Ⅱ

ヤクシソウとホソヒラタアブ ツリフネソウとホシホウジャク ホウジャクはツリフネソウに飲み込まれたようですね ナギナタコウジュ ヤマハッカ 葉っぱを揉むといい匂い 以上西別院町笑路 サルトリイバラの実 ヌルデの虫こぶ(虫癭 ちゅうえい) 以上篠町篠 今…

注連縄づくり

本殿用 鳥居用 今日は雨の中朝早くから 村の鎮守の注連縄づくり 初めての参加で ただ周りをうろうろするだけ 本殿用に鳥居用それに御神木用 特に鳥居用は20mほどの長さ それぞれの個所に取り付けが終わったのが ちょうど12時でした コロナで神輿の巡行も中止…

オハラメアザミ 小群生していたがどれも茎の1/3程上がない おそらく鹿が食べたと思われるが 葉に棘があるのに食べられるんですね コウヤボウキ 蟻が一生懸命蜜を吸いに来ていました 冬に備えて栄養補給かな それとも蛹に与えるのだろうか マムシグサの実 毒…

秋桜Ⅱ

曽我部町中台風もそれて コスモスも倒れずに 目を楽しませてくれる この地域は圃場整備が進んでいて 休耕田に咲いているコスモスも 来年はもう見られないでしょう 当地に住みだして20数年 どんどん様変わりしており 人生をリタイアするであろう10年後は どう…

赤色 赤字訂正

マルバアサガオ 蝗 コシロノセンダングサとベニシジミ ハンミョウ トラップにかかったトンボ マユミ コバノガマズミ ウリカエデの種子 ヒヨドリジョウゴの果実 シラキ秋も少し進んでくると 黄や赤い色が目につきだします 木や野草の果実であったり 葉もだん…

バード

ダイサギ カワラバト アケビの実を突くメジロ コガラ シジュウカラ アオサギを追いかけまわすカラス風景を撮影していると野鳥に出会う それぞれに一生懸命に生活している 空を自由に飛び回れたら どんなにいいだろう

退屈な山歩き

ヤマアカガエル? 千歳町国分昨日国分にある林道七谷川線を歩いたついでに 七谷川の最後に注ぎ込む沢に沿った杣道を歩いた アップした写真にあるように 沢を渡るための木橋が多くある 植林した杉檜の手入れのための道ですから 陽がほとんどささなくて暗いで…

秋桜

千代川町小林 千代川町千原 本梅町平松 大井町並河彼岸花も盛りが過ぎ 秋桜があちこちで満開です 地方の風土記の里のような公園に 秋桜が植えられていますが 日本に入ってきたのは明治10年頃で 江戸時代以前には見られなかった花です でも日本の里によく合う…

鵜の川散策道

ママコノシリヌグイ ヨウシュハッカ? シャクチリソバ すべて篠町鵜の川散策道段々畑に植えられている苗は 千枚漬けなどに加工する漬物用蕪です ハッカは交雑した種類が多く 私には同定できませんが 花や葉の形からヨウシュハッカとしました 最後のシャクチ…

曼殊沙華

曽我部町重利 千代川町千原暑さ寒さも彼岸まで とはよく言ったもので 曼殊沙華が咲きだすと 急に秋めいてきました 今年は天候の影響なのか 稲刈りが例年より遅い田が多く 頭を垂れた黄金色の稲穂と 焦がすような紅蓮の花の コンビネーションが見られた 近年…

アクションアートとファッションショウ

カルガモ ヤブタバコとセスジスカシバ ツリフネソウ イヌコウジュ すべて西別院町 昭和池水鳥は人間の姿を見るとすぐ逃げる 友達になろうよと言ってもすぐ逃げる 逃げた後の水面には波紋が表れてはきえてゆく カルガモのアクションアートだ 野草たちは足や翼…

カルガモ危機一髪

水生植物を観察するために たびたびこのため池に訪れていた 私を見るといつものように カルガモが水面から飛び立つが 一瞬一羽が何かにとらえられて池畔に墜落 なにが起こったのかわからず カメラで覗くと猛禽類の鷹が どうやらカルガモを襲ったようだ 一連…